スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2014年04月16日

【WB】今日は416の日でした。

キャプテンです。

もうまもなく終わってしまいますが
今日は4月16日、
つまり416の日でした。

(23:35分に書こうと
突然思い立ったので16日中に
仕上げるのはかなりギリでした)


ということで、購入してみました。

HK416。







最近ではトレポンの416も
よく見かけるようになりましたが
今回はあえてのマルイ製品です。


新しく出たバリエーションモデルの
デブグル仕様とのことですね。

定価がかなり高額なだけあって
・専用AACタイプサイレンサー
・申し訳程度のフォアグリップ
・ナイツタイプアイアンサイト
・タンゴダウングリップ
・クレーンストック
という仕様で、なかなかいい感じかなぁと
個人的には思います。

(前モデルのグリップとストックは
HKHKしすぎて僕の好みではなかったので)

ちなみに、初めて416を軽く
分解してみたのですが、メカボックスや
バレル周りの軸出しやスペーサーに
メーカーの進化を感じました。

フォアグリップのチープさは
あえて触れるまでもないですね。

おまけ感が半端ないです。

それに比べ、マルイ純正のタンゴダウンタイプの
グリップは実物やトレポンのものに比べて
適度に肉厚で握りやすいです。

ナイツタイプのアイアンサイトも素敵です。

なかなか良くできてます。

前モデルのHKタイプの無駄に背が高くて
ダサいアイアンサイトよりも遥かにいいです。

(光学機器と喧嘩するっちゅーねん)

(そしてHKのアイアンサイトがついてるだけで
どんな銃でもMP5に見えてしまう不思議。)

専用サイレンサーも長すぎず短すぎず
着用時のバランスがいい感じです。

ただ、QDタイプに慣れた感覚だと
着脱に少し手間がかかりますね。

最前線で戦いに忙しい時に
片手でキコキコ回すのはしんどそうです。

ハイダーと接する部分にゴムの
部材が仕込まれており、ガタつき無く
きっちりハマるのはいいですね。

まぁあたりまえのことですが
レールの精度や塗装の綺麗さは
問題ない個体でした。

箱出しの状態でルックスはかなり
いい具合にまとまっているので
あとは性能面ですね。


ただそのまま使っても面白くないので
今回はビッグアウトさんにDTMという
デジタルトリガーシステムの
組み込みをお願いしました。

トリガーを従来の物理方式ではなく
極小のコンピューターで管理する
電子式のすごいやつです。

どんなに早くトリガーを引いても
ロックすることなくちゃんと着いてきます。

リコイルがあってもお構いなしです。

ピストンが後ろで後退したまま
保持する形式なので、トリガーを引いてから
弾が発射されるまでのラグが短いです。

エアコキ並みですね。

だって後ろで今か今かと待っている
ピストンさんを開放するだけですから。

そしていつの間にかピストンさんは
後ろで待機している。。。

凄いシステムです。

DTMの実戦でのお披露目は去年の
当フィールドでの貸切ゲームだったと
記憶しておりますが、当時からかなり
ブラッシュアップされていていい感じです。

開発者の方の血の滲むような努力の
跡が見えてきます。

敬礼ものです。

そんなDTMの設定か、連射サイクルはやや遅めで
実銃と同じくらいの感覚ですね。

まぁあんまりフルオートは使わないので
どちらでもいいんですけど!

DTMはスイッチ部分が光センサーなので
従来の物理スイッチのように焼けて
通電不良を起こすこともありません。

導入コストはある程度かかりますが
手軽にトレポン並みのキレが手に入りますし
スイッチを交換する手間も無くなります。

※DTMのお問い合わせは
※ビッグアウトさんまでどうぞ。


今回は更に、DTMに加えて
ラムダバレルというカスタムバレルを
組み込んでみました。

ホップ窓の部分の独自の加工と
先端のテーパー加工によって
よりスムーズな弾道を実現したバレルです。

加えてSCPも入っているので
弾道、飛距離、駆動性の全てが
かなり高いレベルでまとまってます。

狙った所にまっすぐ綺麗に飛びます。

いっぱいヒットが取れる予感がします。

ふふふ。


どの光学機器を載せようか迷っています。

ミリフォトでよく見るのはホロサイトですが
僕はやや乱視なので相性が良くないです。

やっぱり4倍位は倍率が欲しいところなので
ナイトフォースの1-4倍のショートタイプが
ぴったりかなぁと思います。

黒のエルカンも渋くまとまっていいですが
やはりかなり重いのでパスします。

ヤフオクチェックの日々が
始まる予感がしています。


本体の耐久性のことも考えて
リコイルを抜こうかとも思いましたが
しばらく遊んでからでもいいかもですね。

もっと書こうと思いましたが、
まもなく日付が変わってしまうので
これくらいにしておきます!

今度はこの銃であなたを撃つかも。

うひひ。

ちゃおー!

  続きを読む

Posted by ホワイトベース at 23:59Comments(0)